特長

赤外LEDをパルス発光させることで、外部からの光の影響を受けにくいです。

測定原理

赤外線パルス透過光方式測定原理

赤外LEDから直接光を受光素子で受ける透過光方式です。
この透過光方式はランベルトの法則が基礎になります。

入射光の強度(Po)、透過光の強度(Px)とします。
純水は光を遮る物がないので、Po≒Pxになります。
汚泥水の場合は浮遊物質が光を遮り、Pxは少なくなります。

赤外線パルス透過光方式測定原理

吸光度=log(Po/Px)で定義され、この吸光度が手分析MLSS値と比例関係になるのです。

弊社MLSS計は、上記のように吸光度を求め、現場汚泥の測定データから作成した相関式よりMLSSを算出しています。

一般的な透過光方式濁度センサーの弱点

1.多地点での相関が悪い。
MLSS手分析法は、重量測定です。
しかし、一般的なMLSS計の測定原理は透過光方式がであるため、「汚泥水の色の違い」「浮遊物質の粒子の比重の違い」が手分析値との相関の悪さの要因となっています。
一般の透過光方式のMLSS計は、手分析値で校正することで、その汚泥水との相関は良くなりますが、他の地点の相関は良くありませんでした。つまり、従来のMLSS計は、多地点の測定に対しての相関が考慮されていませんでした。

2.定期的なスパン校正が必要。
一般的なMLSS計では、セル面の汚れや、光源の劣化を補正するため、頻繁にスパン校正を行う必要がありました。

弊社の対策

上記のような一般的な透過光方式濁度センサーの弱点に対し、弊社では、5種相関式を搭載しました。
(対応機種:IM-100P/IM-80P)

5種相関式 (IM-100P/IM-80P)

1.  5種の相関式搭載で多地点に対応。(対応機種:IM-100P/IM-80P)
本器では、下図に示す各種の現場汚泥の測定データを5種の相関式に配分し搭載してあります。
つまり、従来品のように手分析値で校正しなくても、モード1~5に搭載した相関式を選ぶだけで、手分析に近い値が得られます。
さらに、本器では、セル長を短くすることで、散乱光による影響を少なくし、汚泥水の色の影響を受けにくい構造にしました。

相関式

2. 日常の校正はゼロ校正のみ。(対応機種:IM-100P/IM-80P/IM-50P)
本器では、ゼロ点校正をするだけでセル面の汚れ、光源の劣化を補正できますので、頻繁にスパン校正を行う必要はありません。

赤外線パルス透過光方式センサー採用製品

製品全般に関するお問い合わせ
電話問い合わせ

【受付時間】
(月~金・祝日) 8:45~17:20

メール問い合わせ