新卒採用 募集要項

募集職種 技術職(設計開発/生産技術)、営業職(外勤)
募集学科 全学部・全学科(文理不問)
給与(基本給) 大学院卒:230,000円、大学卒:208,000円、短大卒:188,000円
諸手当 通勤手当(上限2万円)、下宿補助制度あり
賞与 年2回(6月、12月) ※2017年実績:年3回(6月、8月、12月)
昇給 年1回
勤務地 愛知県蒲郡市豊岡町石田1-1(転勤なし)
勤務時間 8:15~17:20(実働8時間)※休憩時間10:00~10:10、12:00~12:45、15:00~15:10
休日・休暇 完全週休2日制(土曜・日曜) 年間休日123日(2018年度、計画年休含む)
選考方法 書類選考、面接、適性検査
福利厚生 社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)、退職金制度、各種表彰制度、資格取得奨励金制度、社内親睦会(年3回)、バーベキュー・社員旅行等のイベント、国内リゾート施設の宿泊権
教育・研修制度 ・製品基礎知識(取扱方法や内部構造、市場など)の勉強会、理解度確認テスト
・OJT(電話対応、CADの使い方等)、OffJT(外部講習等)
自己啓発支援制度 ・国家試験の取得や各種検定に合格すると、テキスト代や受験料、報奨金を授与
・自宅で受講できるWEBセミナー等の推奨
メンター制度 入社後1年間、専属の先輩社員が付きます。
人事評価
・評価基準は公表し明確にしています。人事評価の目的は、自分では気づきにくい良いところや改善の余地が残っているところを知ってもらうことで、なりたい自分に近づいてもらうためのお手伝いのためです。成果はもちろんですが、仕事に対する姿勢も大変重視しています。
・評価のフィードバックはダメ出しではなく、本人が将来どうなりたいのかを一緒に考えて、最短距離で目指すキャリアを実現するための提案をするスタイルです。

応募方法(2019卒)

「マイナビ2019」「東三河学生就職NAVI2019」からのエントリー、または直接弊社「採用担当」までお問い合わせください。

リクナビ2019へのリンク
リクrooting2019へのリンク

2020卒の方へ ~インターンシップ受付中~

現在、2020年卒の方むけに、「技術職コース」「営業職コース」のインターンシップを開催しております。下記「マイナビ2020」から詳細をご確認のうえ、お気軽にエントリー、ご参加ください。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

リクナビ2010へのリンク


採用方針

「社員の心物両面の幸福を追求すると同時に、社会に貢献する。
のために、私たちは世界に誇れるもの(組織、製品、サービス)を創造し、より多くの人々により多くの幸せと喜びを提供する企業となる。そのための努力を通して社員の成長と自己実現を達成する。」

弊社では、経営理念をこのように掲げています。 
人は与えることによって幸せになれる。会社はお客様に貢献することで、社会に存在意義が生まれる。社員は「自立」「成長」「貢献」することで幸福に近づくことができる。
の考え方にもとづき、弊社では社長自ら経営方針の説明会を毎年実施し、社員と共有し、理解を深め、社員の日々の活動に落とし込まれています。
これから入社される方にも、この理念に共感し、共に自立、成長、貢献を志していただけることを願っています。

飯島電子工業の社員に求める人財像

・仕事を通して、人や社会に奉仕することに喜びを感じる社員。
・仕事を通して、人格を形成し、心豊かに一生に一度の人生を楽しむ社員。


仕事をする目的を、「生きていくために金銭を稼ぐこと」「休日を楽しむためのもの」と捉えてほしくはありません。与えられた仕事をそつなく仕上げることに仕事の意味があるのではく、仕事を通して「自分が社会の役に立っている」とか、「自分以外の他の誰かを喜ばせたり、幸せにしたり、わくわくさせたりできる」といったことを感じられることが最も大事なことと考えています。
それを感じられる大事な瞬間は、人から「ありがとう」と感謝されること。自己満足ではなく、お客様や取引先様、そして同僚や先輩社員からの感謝の言葉は、人から自分の存在価値や実績を認めてもらえた証拠です。自分自身のためだけではなく、人に喜んでもらうために仕事ができる人というのは、仕事を通して人生を楽しむことができる人です。

新卒社員に求める人財像

・将来のために、今の努力を惜しまない。
・学生時代の成功体験をもとに、仕事で壁にぶつかっても、乗り越えたときのイメージを持ち続け、仲間とともに一歩一歩成長できる。


弊社では、長年の独自技術をもとに、社会貢献性の高い製品を、マーケティング、商品企画、研究開発、製造、販売、アフターサービスまで社内で一貫して行っています。全社員が一つの目標に向かってそれぞれの専門分野をかけ合わせて達成していきます。
新卒社員には、学生時代に磨いてきた専門分野や得意分野に、仕事を通してさらに磨きをかけ、全方位とコミュニケーションを取り、チームで一つの成果を出すために力を合わせて頑張り続けることができる人を求めています。
何事も継続は力なり、どんなことでもいいので、続けることで成功体験・失敗体験をしている人は、壁にぶつかったときでも他人と協力し合いながら、乗り越えるための努力の方向性やイメージを持つことができます。そんな方は、豊かな人間関係を築き上げ、仕事を通して豊かな人生を送ることができると確信しています。

キャリアビジョンを考える

自分の将来を思い描くとき、まずは自分の過去を振り返ることが必要です。
自分は、過去にどんな人と関わってきて、どんな価値観をもち、どんなことに喜び、傷つき、どんな努力をしてきたか。
現在は過去の延長線上にあります。過去をもとに根付いた現在の自分の基本的な志向や習慣というものは、これからの自分の人生を思い描いたり形づくったりする材料になります。

これからの自分がどんなことをして、どんな人生を送りたいのか、その夢や目標を具体的な像として思い描くことが、キャリアビジョンだと考えます。その像=ビジョンというのは、人それぞれの価値観に基づくものであり、さまざまな形があってよいと思いますが、節目ごとに「○年後に△△になって、□□をしている。」といった具体的で段階的なものがよいと思います。
その具体的な像があるかないかによって、氾濫する情報社会のなかで、自分の強みを伸ばし自分の目標を実現することに注力できる取捨選択能力が伸びてきます。また、目まぐるしく変化する環境のなかでも確固たる自分をぶれることなく保つことができます。
新卒社会人というのは、自分のキャリアビジョンを考えるいい機会です。これからの社会生活における経験を100%自分の武器にして自分のキャリアビジョンを達成していくために、ぜひ私たちと共に考えてみましょう。


新卒入社で活躍している社員へのインタビュー

営業部 榊原さん(2018年入社)

-現在は、どんな仕事をしていますか?
「販売課の仕事を覚えながら、企画課の仕事も実践しています。販売課では、全国のお客様や販売店様から毎日たくさんの電話があります。製品の質問、見積、ご注文など多岐にわたります。入社から約半年でようやく製品の基本的な知識が身についてきたので、先輩に頼ることなく自己完結できることが増えてきました。お客様に”丁寧に教えてくれてありがとう”と言われるときは本当に嬉しいです。企画の仕事では、主にお客様への製品調子伺いアンケートを担当しています。当社は”買っていただいてからがお客様”という方針でサービスを提供しているので、お客様の声はとても貴重だと感じています。」

-どんなときにやりがいを感じますか。
「製品の専門知識を身につける勉強会では必ずテストがあり、特に理数系が苦手な私には苦難が多いです。でも実際にお客様からの問い合わせに対し一人で解決でき、”ありがとう”と言ってもらえることがこんなに嬉しいものかと実感しています。苦労をしなければこんなにやりがいは感じられないと思います。また、全国各地の展示会に参加させてもらっていますが、普段は内勤でも、時々こうして直接お客様と接する機会があるのもとても刺激的です。」

-飯島電子は、どんな会社だと思いますか?入社前のイメージと実際のギャップはありますか?
「きちんと製品知識を身につけられた後は、新人でもどんどん仕事を任せてくれます。ただ頑張れば良いのでなく、生産性の上げることへの意識が高いこと、また全社員で改善活動に取り組んでいることはすごいと思います。
ギャップといえば、勉強会があるとは聞いていましたが想像以上に内容が専門的で難しく、家で勉強しないと追いつかないので精神的に辛い面はあります。でも、分からないところは、同じ経験をしてきた先輩が分かるまでしっかり教えてくれるので、安心しています。」

-榊原さんにとって「仕事」とは何ですか?
「採用面接のときにそれを聞かれて以来、意識しているのですが、私にとって社会人とは”人に与える側”ということです。学生時代は、勉強や生活において与えられるばかりでしたし、アルバイトでも言われたことをやるのみでした。しかし今では、自分自身が自立し、自分の力を形にして、社内や社会に発信し貢献していくことが、仕事をするうえで私の使命だと認識しています。」

製造部 生産技術課 尾﨑さん(2018年入社)

製造部生産技術課

-現在どんな仕事をしていますか?
「酸素センサーの生産工程を覚え、実際に生産を行っています。昔から、工作など物を作るのが好きでしたが、実際の現場では勝手が違いました。特に金属と樹脂の接着工程は難しく、失敗ばかりです。今ではようやく、一人で完成できるようになってきました。」
-どんなときにやりがいを感じますか?
「たった1つでも品質の悪いセンサーを出してしまうとお客様の信用を失ってしまうので、作りながらプレッシャーを感じていますが、自分の作ったセンサーがお客様の仕事に使ってもらえ、役に立っていると感じられることにはとてもやりがいを感じます。」

-飯島電子は、どんな会社だと思いますか?入社前のイメージと実際のギャップはありますか?
「センサーの生産は、入社前に想像していたよりもはるかに複雑で難しいです。それに、生産といってもただ決められた工程をこなせばよいのでなく考えることが求められるので、自分にとって課題は大きいです。そういう意味で、目標や課題に対して厳しい会社だと思います。先輩からの指摘も多く、落ち込むこともありますが、悔しい思いをバネにして必ず乗り越え、成長につなげていきたいと思っています。」

-尾﨑さんにとって「仕事」とは何ですか?
「自分自身の成長につながるものです。学生時代の勉強と違って、仕事はアウトプットや成果が重要なので、課題を明確にして、次はこうしてみようと考えながら仕事を進めていかなければなりません。入社前はそんなことは全然意識していなかったので、社会人になってから、自分の成長を感じるようになりました。」

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせは「採用担当」宛にお願いいたします。