中途採用 募集要項

募集職種 設計職、生産技術職、営業職、購買業務補助
給与(基本給) 設計職・生産技術職:200,100円~500,000円、営業職:208,000円~300,000円
購買業務補助:180,000円~220,000円
※職務経験や保有スキルにより、面談のうえ決定します
諸手当 通勤手当(上限2万円まで) 下宿補助制度あり
昇給 年1回
賞与 年2回(6月、12月) ※2018年実績:年3回(6月、8月、12月)
勤務地 愛知県蒲郡市豊岡町石田1-1(転勤なし)
勤務時間 8:15~17:20(実働8時間)※休憩時間10:00~10:10、12:00~12:45、15:00~15:10
休日・休暇 完全週休2日制(土曜・日曜) 年間休日125日(2019年度、計画年休含む)
2019年度会社カレンダー(PDF)
必要な免許・資格 普通自動車免許(AT限定可)※社用車にて客先に出向くことがあります
選考方法 書類選考、面接、適性検査
福利厚生 社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)、退職金制度、各種表彰制度、資格取得奨励金制度、社内親睦会(年3回)、バーベキュー・社員旅行等のイベント、国内リゾート施設の宿泊権
教育・研修制度 ・製品基礎知識(取扱方法や内部構造、市場など)の勉強会、理解度確認テスト
・OJT(電話対応、CADの使い方等)、OffJT(外部講習等)
自己啓発支援制度 ・国家試験の取得や各種検定に合格すると、テキスト代や受験料、報奨金を授与
・自宅で受講できるWEBセミナー等の推奨
メンター制度 入社後半年間、専属の先輩社員が付きます。
人事評価 ・評価基準は公表し明確にしています。人事評価の目的は、自分では気づきにくい良いところや改善の余地が残っているところを知ってもらうことで、なりたい自分に近づいてもらうためのお手伝いのためです。成果はもちろんですが、仕事に対する姿勢も大変重視しています。
・評価のフィードバックはダメ出しではなく、本人が将来どうなりたいのかを一緒に考えて、最短距離で目指すキャリアを実現するための提案をするスタイルです。


中途入社で活躍している社員へのインタビュー

設計部センサ開発課

-設計部 センサ開発課の仕事について教えてください。
「現在は、先輩社員と一緒に新型センサーの開発に携わっています。もともと品質の評価や分析は得意な分野なので、それを活かして、バラツキが少なく高品質なセンサーを実現すべく、日々研究をしています。」
-どんなときにやりがいを感じますか?
「研究では、うまくいくことより失敗や挫折の方が何十倍も多いです。でも、逆にそういった難しい課題に直面したときこそ”必ず解決してやる!”という闘志が燃えてきて、そのときに一番やりがいを感じます。」

-岡田さんにとって「仕事」とは何ですか?
「ものづくりの神髄って、世の中の人たちを幸せにしたり驚かせたり、役に立ったりすることだと思うんです。仕事とは、自分の努力で世の中に貢献できるものを作って、そして自分も幸せになる、を実現できる手段だと思います。」
-率直に、飯島電子はどんな会社だと思いますか?
「工作機械や試験機、3次元測定器やレーザーマイクロスコープなどいろいろな設備が整っており、観察や分析、評価といった一通りのことができるうえ、自分が考えた試験装置や治具を作ることもできるので、技術者にはありがたい環境を与えてくれる会社だと思います。それと、残業は”早出残業”を推奨する体制なので、夕方に遅くまで残業することはなく毎日家族と過ごす時間を確保できるのも、メリハリのある働き方ができてとても良い環境と思います。」

製造部生産技術課

-製造部 生産技術課の仕事について教えてください。
「センサーの生産工程の確立や既存ラインの改善が主な使命です。手作業だと時間のかかる作業や品質がバラツキやすい作業を、専用の治具や設備を自分達で製作し、工程を自動化へとシフトしていきます。」
-どんなときにやりがいを感じますか?
「工程改善に成功し、作業者さんから”やりやすくなったよ、ありがとう”と言われるのは本当に嬉しいです。自分がやれることが増えてきて成長を実感できることも、やりがいですね。」

江利角さんにとって「仕事」とは何ですか?
「自分の成長を実感できるもの、ですね。仕事以外に、ここまで自分の成長を感じられるものはないと思います。」
-率直に、飯島電子はどんな会社だと思いますか?
「経営トップとの距離が近くコミュニケーションを取りやすい環境だと思います。組織の方針に対して自分の考えや意見を密に共有することができるので、自分の目指すゴールや進むべき道が明確に描けるところがいいですね。」

営業部販売課

-営業部 販売課の仕事について教えてください。
「製品の知識をしっかり身につけて、一人で全国のお客様の元に出向いています。ただ”売る”のでなくよりよい製品とサービスのインプットとなる情報をお客様の現場から聞き出す、見つけ出すことが仕事です。」
-どんなときにやりがいを感じますか?
「当社は売上ノルマがないので、目の前にいるお客様のお困りごとを解決することに専念でき、お客様の仕事の役に立てることが一番やりがいを感じます。また、自分が売ったお客様の食品がコンビニに並んでいるのを見ると、達成感と貢献を感じます。」

-内藤さんにとって「仕事」とは何ですか?
「人生で一番努力すべきことだと思っているので、一番熱中しているものです。自分の成長、そして社会への貢献を感じられるのも仕事のおかげと思っています。」
-率直に、飯島電子はどんな会社だと思いますか?
「若手が戦力として活躍できる会社です。それと、売上ノルマがなく数字に追われるストレスを感じないので、本来やるべき仕事に集中できます。」

営業部営業企画課

-営業部 営業企画課の仕事について教えてください。
「全国に向けて”酸素計の飯島電子”というブランディングが大きな使命です。展示会や雑誌広告、WEB、DM・カタログ制作など、自ら企画・戦略を練り、デザイン・制作・実施後の運用まで行っています。
-どんなときにやりがいを感じますか?
「業務が幅広く任される量が多いので、日々自分の成長を感じています。自分の作った広告やカタログや販促物を全国のお客様が見たり手に取ったりして、納得して当社を選んでもらえることが嬉しいです。」

-縣さんにとって「仕事」とは何ですか?
「社会貢献だと思います。蒲郡という小さな街から、日本中で仕事をされている方々に当社の製品を知ってもらいお役に立てることを誇りに思います。会社の仲間とともにお客様のために頑張ることは、とても価値のあることです。」
-率直に、飯島電子はどんな会社だと思いますか?
「安心して仕事に全力を注ぐことができる会社です。課される目標は高いし厳しいけれど、頑張った分だけ評価をしてくれるのは安心です。現在、幼い子供の育児真っ最中ですが、子供の病気のときは在宅勤務ができる環境を用意してもらったり、職場の皆が温かく声をかけてくれたり、本当にありがたいです。」

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせは「中途採用担当」宛までお願いいたします。