飯島電子工業では、酸素濃度計・酸素センサーを中心に、研究開発、設計、生産、販売、アフターサービスまで社内各部署で担っています。各部署が、それぞれに課せられた経営方針に基づく課題や目標の達成のために、毎日限られた時間の中で最高のパフォーマンスを目指して仕事をしています。
そんな、飯島電子工業の各部署の仕事を紹介します。少しでも弊社にご興味を持っていただければ幸いです。

営業部  →設計部  →製造部  →購買部  →センサー開発課  →品質管理部

Sales Dept.

営業部

「飯島電子は他とは違うね!」と言われる製品・アフターサービスの充実化に向けて奮闘中!

 全国各地のお客様や販売店様との窓口となる営業部では、製品の販売や問い合わせへの対応を主とする販売課、一連の事務処理や出荷に向けた社内手配を担う管理課、販促や企画を推進する企画課、から成り立っています。
 販売課では、製品に関する知識は営業マンだけでなく内勤アシスタントにも徹底的に教育し、お問い合わせの際にはその場でスピーディにお答えできるよう、社内の情報共有システムを整えています。これまでの長年の実績と経験から、お客様の問題や悩みを聞き出し、課題解決のためにプラスαのご提案をできるよう、日々各部員が知識・対応力の向上に向けて、目標を設定し、達成のために努力しています。
 もちろん販売だけでなく、製品の改良提案や次なる新製品に向けて地道なマーケティングや、新たな企画提案も重要な仕事です。常に社内各部署との横の連携を取りながら、一人でも多くのお客様に喜ばれ、「やっぱり飯島電子は他とは違うね!」と言われるような製品やサービスの実現に向けて、活動しています。
 ここでは、お客様や販売店様のもとに出向くことの多い、販売課の営業マンを紹介します。  

営業部・竹内

竹内好彦 (血液型:O型 趣味:料理・アウトドア)
営業部の『見た目最年長』竹内です。見た目に中身や実績もついてくるよう、勉強の毎日です。お客様のもとに出向くときには、常にお客様のニーズを読み取るように努め、新しい製品へと展開していくようにしています。今後はアフターサービスの強化にも力を入れ、多くのお客様から、製品はもちろんサービスにも満足いただけるような強い営業部を築けるように努力しています。

営業部・石川

石川雄一 (血液型:O型 趣味:テニス・ゴルフ)
常に明るさ、笑顔、元気を絶やさず営業活動しています!お客様の現場を見てお話しを良く聞き、お客様にとって最適な提案ができるよう心がけております。現場にとって、当社製品に足りていないこと、お客様の課題は、社内にいては見えてきません。これからも全国のお客様、販売店様のもとに出向き、悩みやお困りごとを相談してもらえるような、頼れる営業マンになれるように研鑽を重ねていきます。

営業部・伊豫田

伊豫田良文 (血液型:O型、趣味:テニス・ゴルフ)
お客様に満足していただき、「ありがとう」と言われることがやりがいです。製品ご購入後の調子伺いアンケートやお問い合わせ時のご意見やお困りごと、質問に対してひとつひとつ誠意を持って対応させていただいています。今後もっと皆さんにとって「身近で頼れるメーカー」となり、「さすが酸素計のプロ」と思っていただけるように、お客様の生の声に誠意を持って対応するように心がけています。

Dsign Dept.

設計部

ますます多様化するお客様の要求事項を、いかに製品に吹き込めるかが腕の見せどころ。

 新製品を開発するときは、営業部と一緒にお客様の現場へ行き、お客様の声になっていないニーズをつかみ要求仕様書に落とし込むことを大事にしています。そうして作成した要求仕様をもとに、設計部で製品の仕様やプログラム設計などを、各チームで進めていきます。いくつもの多岐にわたる評価試験を重ね、量産化に向けて動いていきます。
 一言に設計といっても、実際に製品化されるまでには非常に多くの壁があります。計器本体、センサーの両面において要求仕様を実現すること、特に過酷なお客様の測定環境に耐えうる寿命や耐久性といった課題は頭を抱えるところです。それでも毎日の研究や実験、検証を重ねて、実現に向けて一歩ずつ前進する日々です。  

設計部

設計部の仕事風景① ~ミーティング~  
設計部はチームで仕事を行っているため、チームごとの情報共有は欠かせません。各チームの仕事の進捗を確認したり、問題や課題の解決のために知恵や技術を出し合って進めていきます。
こうした風景は、部署をまたいだ打合せの場としてもよく見かける風景です。開発や量産化に向けて納期通り仕事を進めるためにはとても重要な要素です。

設計部

設計部の仕事風景② ~設計検証~  
新製品の開発に限らず、既存製品の性能向上、改良のための再評価、検証といった仕事も多々あります。
新製品としてリリースされた後も、プログラムをバージョンアップしたり、耐久性アップのため構造や部品を強化したりと、お客様に実際に使っていただくなかでより使いやすくなるよう、ブラッシュアップしていきます。

Manufacturing Dept.

製造部

”ハズレ”のない製品を作ることが使命です。

 皆さんは普段使っている電化製品が、保証期間が過ぎた途端、壊れてしまった経験はありませんか?”ハズレ”を引いちゃった場合、とても悔しいですよね。当社が生産している製品は、プロ用の計測器です。簡単に壊れないように設計することは大事ですが、生産でも気は抜けません。
 機械は使えば劣化します。しかし、性能劣化のバラツキを少なくして”ハズレ”を作らないように、問題の工程を見極めて、機械化したり検査基準を見直すなど、量産ラインに乗ってからも地道な改善を繰り返しています。
 これにより、この業界では初めて5年間保証を付けることができ、お客様から高い信頼をいただいています。

製造部・センサー

製造部の仕事風景① ~センサーの生産~  
弊社のセンサーは、独自技法で一つ一つ手作業で作っています。本体の型式によってセンサーの型式も異なり、ベテランの作業者が、検証や改善を重ねられた工程に沿って、生産計画のもと、毎日多くの種類のセンサーを生産している体制です。センサーを作るための治具も社員が改善を加えたオリジナルのものだったりするんです。  

製造部・計器

製造部の仕事風景② ~計器の生産~  
  計器本体も、多くの構成部品を手作業で組み付けていきます。一人一人に割り当てられた製品を平均2~3日の工程に分けながら完成品まで仕上げていきます。製品ごとに使う治具なども異なり、精密機器なので神経を使う仕事ではあります。作業者がいかにミスなく早く、安定的に組み付けができるか、が肝心なのです。

Purchasing Dept.

購買部

与えられた使命は、品質を落とさず部品原価を落とすこと。陰ながら、利益貢献の努力をしています。

 購買部では、製品の生産や販売活動、その他間接業務など会社で発生する業務に必要な部品・資材、設備などの発注業務や在庫管理を担当しています。単純に決められたものを発注するのでなく、いかにムダを減らせるか、原価を下げられるか、よりよい購買先を選定できるかが力の見せどころです。
 原価をより安く、納期をより短く、より品質の良い購買先の選定や交渉においては、難しい場面が多々あります。購買先を第二の工場に位置付けています。購買先に対して、ただ安くすることを要求するのではなく、どうすれば購買先の作業工数を減らせるのかを一緒に考えてコストダウンしていきます。購買先にも愛され、今後も共存していくことのできるパートナー関係の構築は大変重要です。  

購買部

購買部の風景 ~在庫管理~ 

数多くある部品を、きっちり実在庫管理・データ管理をしています。当社独自の資材管理システムを導入し、入庫、出庫、在庫、原価、期限などの管理を行っています。
実務上のムダをなくすために、購買部でも日々さまざまな改善を提案しながら仕事を進めています。 

Sensor Development Dept.

センサー開発課

メーカーにとって、基礎研究は全ての原点です。

 私たちはメーカーですので、将来を見据えた戦略のために、小手先の技術での競争ではなく、圧倒的な性能の差異が必要です。基礎研究は、将来の新製品に向けた全く新しい研究です。これまでにないものを見出し、実際に形づくっていかなければなりません。
 与えられた研究目標に向けて、地道な実験・検証・評価を重ねて、段階的に成果を出していきます。高度な専門知識はもちろんのこと、不屈の強い精神も必要です。日夜、研究のための勉強は欠かせませんし、チームワークも大切です。  

センサー開発課

センサ開発課の職場風景  

基本的には研究室での仕事がメインですが、社内各所の設備でさまざまな実験・検証・評価を行ったり、定期的に会議などで進捗の報告なども行います。どっぷり研究に没頭する合間には、組織全体の情報収集も欠かせませんし、他部署とのコミュニケーションも大切にしています。

Quality Management Dept.

品質管理部

お客様に安心して永く使っていただけるよう、ISO9001に基づいた品質・工程管理をしています。

 弊社が取得しているISO9001というのは、製品やサービスの品質保証を通じて顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現する国際規格です。品質管理課では、品質マネジメントのための手法や改善を各部署に指示、実践したり、製品や工程における不適合が発生した場合は原因調査、分析、処置、再発防止対策といった流れを主導したりといった仕事をしています。
 また、検査課では、お客様の手元に出荷する前の製品検査や試験を担っています。そして修理サービス課では、お客様からお預かりした製品の点検・修理を担当しています。修理を実施するなかで浮き彫りになった製品の問題や課題から、品質の改善へと提案することも重要な仕事の一つです。
 お客様からの満足度評価も重要な活動で、お客様の率直な声や評価を継続的に聞く活動により、品質の向上やサービスの拡充につながっていきます。大事なことは、継続的に実施し改善する、というサイクルを回すことであり、実際は短期間では見えてこないことがほとんどなのです。  

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせは「採用担当」宛にお願いいたします。