メンテナンスの方法

日常使用後のメンテナンス

測定が終わったら計器やpH電極に付着した汚れを落とします。
●計器の汚れ
固く絞ったタオルなどで拭き取ります。こびりついた汚れを落とす場合は、スポンジに水を含ませてこすり、その後乾いたタオルで拭くときれいになります。
●pH電極の汚れ
水道水や純水で洗い流し、外側についた水分をティッシュペーパーなどで拭き取ります。
【注意】水道水で洗浄するときは、蛇口を半開程度で行ってください。全開にしたり高圧洗浄機を使用して水を直接電極膜に当てると、電極膜が割れることがあります。

pH電極(先端部)の洗浄方法

pH電極先端部の電極膜やジャンクションなどが汚れていると、測定値に影響を与えたり、正しい値が得られなくなります。
目立つ汚れがある場合は、以下の動画を参照し、先端部を洗浄してください。
【注意】電極膜は薄いガラスでできており割れやすいため、洗浄時の取り扱いには十分注意してください。

IP-135pH電極の洗浄方法
「pH電極の洗浄方法」動画ダウンロード

 低画質動画(データ容量:約3.5MB)
高画質動画はこちらをクリック(約59MB)
「YouTube」サイトで見る場合はこちらをクリック

pH電極の内部液の補充・交換方法

●液量が目視で半分以下まで減ったときや、投込測定を行う場合で内部液内に気泡があるときは内部液を補充します。
●指示値が異常なときや安定しないとき、エラー表示が出るとき、また汚れ・他の液体が混入したときは新しい内部液に交換します。
以下の動画を参照し実施してください。

IP-135内部液の補充・交換
「内部液の補充・交換」動画ダウンロード

 低画質動画(データ容量:約5MB)
高画質動画はこちらをクリック(約79MB)
「YouTube」サイトで見る場合はこちらをクリック

製品全般に関するお問い合わせ
電話問い合わせ

【受付時間】
(月~金・祝日) 8:45~17:20

メール問い合わせ