エラー表示が出る
数値がおかしい
その他の気になる症状

エラー表示が出る場合(該当する表示をクリック)

エラーメッセージが表示された場合、本体の青ボタンを押すことで「手順表示」画面に切り替えることができます。詳細情報については、下記の画像から該当する表示を選択してください。

数値がおかしい場合(具体的な症状をクリック)

値がいつもより低めに出る 値がいつもより高めに出る
値がふらついて自動安定判断しない 値が点滅表示している
測定値が「0.00」を表示する
水温表示がおかしい

値がいつもより低めに出る

DO計の保管場所と測定水に5℃以上の温度差がある
プローブを測定水に浸けて温度を安定させてから使用してください。(保管温度35℃、測定水20℃の場合、温度安定に約15分かかります。校正場所の温度が測定水より高い場合は、温度が安定するまでは低めの値になります。)
適切な流速でない場合
●測定には流速が必要です。30cm往復/秒の流速を与えて測定してください。
●浄化槽のばっ気槽などの場合、流速があっても気泡が酸素センサーに付くことがありますので、プローブを上下に振って気泡をつかないようにしてください。
●流速がない場合→ 正しい流速の与え方 をご参照ください。(ID-150と共通の内容です)
酸素センサーの隔膜表面に水滴や汚れがある場合
隔膜を傷つけないように、ティッシュや水で濡らした綿棒などで軽く拭き取ってください。その後再度スパン校正をしてください。
スパン校正をしていない場合
空気飽和率95%以下または115%以上がスパン校正のめやすです(真値とのズレが10%程度許容できる場合)。十分に温度安定を取ってスパン校正を行ってください。→ 詳細は、スパン校正の方法 をご参照ください。
酸素センサーが乾燥した状態で空気飽和率が95%以下になっている場合
ゼロ校正または初期化を行ってください。→ゼロ校正の方法 または 初期化機能 をご参照ください。
その後スパン校正を行ってください。→スパン校正の方法 をご参照ください。
酸素センサーを外すと、プローブとの間に水が入っている場合
プローブから酸素センサーを取り外して、水分を除去し、乾燥させてください。
酸素センサーの隔膜が破損している場合
膜液交換カートリッジ(型式:TLC61、標準価格2,500円)をご注文いただき、隔膜と電解液を新品に交換してください。→隔膜カートリッジと電解液の交換方法 をご参照ください。
※膜液交換カートリッジは、DOメーター(ID-160T)出荷時に1セット付属していますが、酸素センサーには付属していません。

値がいつもより高めに出る

DO計の保管場所と測定水に5℃以上の温度差がある
プローブを測定水に浸けて温度を安定させてから使用してください。(保管温度35℃、測定水20℃の場合、温度安定に約15分かかります。)